苫小牧市で女性から高い支持を受け、確かな技術と経験で改善する鍼灸整体スタジオ ON

鍼灸整体スタジオ ON


不眠症

この様な症状でお悩みではないですか?

寝つきが悪い
夜に何回も目が覚める
夢をよくみる
眠つけないことがストレスでまた眠れなくなる
眠りが浅く寝た気がしない
 これからもずっと薬を飲み続けるのが不安
 心療内科のお薬とも併用しながら治療していきたい

現代社会では日本人の約5名に1名が寝つきが悪いや寝ても何回も目が覚めてしまうなどの睡眠の問題に悩まされていると言われています。ですが特に日本人は欧米諸国の方に比べると不眠症の問題で病院に受診する方の割合がかなり低く、睡眠前の飲酒の確率が欧米の方と比べるとかなり高いという事がフランスの製薬会社サノフィ・サンテラボが行った調査でわかりました。対象となったのは日本、ドイツ、中国などの10カ国でアンケート調査を実施し、日本でも約1万人がアンケートに答えました。

「何か睡眠に対して悩みをかかえている方は全体では約25%、日本人では21%だった。病院に受診される方が欧米などでは多く、50パーセント近くいたのに対し、日本では全ての国で一番低い8%のみだということが分かった。 日本人で不眠に悩み薬を服用する方は少なく15%。ですが寝る前に酒を飲み不眠を解決しようとするのは、日本人が30%と全体でも1番多かった。

このような調査結果から推測すると日本人が不眠症で医師に受診することは、「不眠は病院では治してもらえない」「一度服用すると睡眠薬に依存してやめられないかもしれない」、などの不安感があるとも言えます。実際に、睡眠薬を長期的に使用し依存症になあられている方も私自身臨床の現場に立ちそのような患者さんをたくさん診てきました。薬の摂取量も症状によって量が違いますが、少なかろうが多かろうが長期的な服用は将来間違いなく身体の不安になります。不眠症は短期的にはなんら問題はないのですが、慢性的な不眠症による疲労、イライラ、記憶喪失、倦怠感、やる気の消失、集中力減少が進行すると精神病にもなりかねません。

 

不眠症の原因

不眠を訴える方の症状や原因、きっかけ非常に多くあります。一般的に言われるのは6時間以下の睡眠で起床時に疲労感や寝たりない感じが強く残り、仕事や勉学などの日常の生活に支障が出てくるものを指します。原因も1つということはなく、実に様々な問題で起こります。


日本の町は夜も非常に明るいですし、夜道を歩いていてもどこでも外灯がありコンビニも非常に明るく照らされています。帰宅した後も寝る前まで蛍光灯はつけっぱなしですし、寝る直前までパソコンやTVを見ていたりして眠くならなくなってしまうこともあります。最近はスマホでゲームをするということも睡眠への妨げになっている方も多くいます。理想は寝る1時間前までにゆったりお風呂に入り、少し暗くした部屋でゆったりできると脳の中で睡眠を促すホルモンが出てきてスムーズに入眠できていきます。

 

でも不安は心配事、深刻な考え事などものすごいストレスを感じている方はなかなかスムーズに眠れません。ストレスを感じると胸椎の5番目(肩甲骨の間)付近から緊張してきて背中から首にかけてカチカチに凝ってくる方が多いです。中には交感神経が緊張し背骨を触れただけで痛みを感じる方もいます。たくさんの方が軽い不眠症状でも背中や肩の凝りを訴えたり、頭痛になるかたがいます。これが長期に渡ると慢性的な不眠症に移行し、中には進行し心療内科疾患を訴えるようになるかたもいます。

不眠は症状から分けると①入眠障害②中間覚醒③早期覚醒に分けられます

入眠障害は、なかなか寝付くことが出来ず、30分から1時間くらい入眠まで時間がかかる場合は入眠障害が疑われます。実際は睡眠時間だけでいうと標準は満たされている方がほとんどです。
たまに寝つきが悪いくらいでは心配する必要はありませんが、長期に渡り習慣になっている場合は注意が必要になります。
入眠障害をほうっておくと慢性的な睡眠不足になります。

 ②中間覚醒は夜中に何度も目が覚めてしまう不眠の症状の一つです。夜中に何度もトイレに行き寝付かない方や、眠りが浅く寝てるのか寝てないのか良くわからないという方、中には耳鳴りが気になって眠れなくなってしまうなどという方もいます。
十分な睡眠時間を取れないため、日中に激しい眠気に襲われ、日常生活や仕事に支障が出てくるかたもいます。


 ③早期覚醒はもっと眠って痛いのに予定より早く目が覚めてしまい、そこから再び眠りにつけない方の事を指します。予定より2時間以上早く起きてしまう。再びそこから眠りにつけない。という症状が長期で続く場合では早期覚醒が疑われます。
早期覚醒に一番関係が深いと言われているのは年齢による影響で、50代前後になると眠りが浅くなることが実験結果でわかっています。



 


不眠症と鍼灸治療

不眠症に鍼灸治療は効果的だということが臨床を通して実証されています。東洋医学でも昔から「不眠症」を病ととらえていて今に始まったことではありません。東洋医学でいう心・肝のの陰と陽のバランスの不調によって起きると考えられています。心による不眠は入眠に問題が出てくることが多く、夢をたくさん見ます。肝が関係している不眠は眠りが非常に浅く、途中でよく目を覚ますと言われています。
 

当院の治療は主に精神的なストレスや興奮、自律神経による乱れを全身治療をおこなうことで正常な身体のリズムを取り戻すように行います。鍼を刺入するだけでも、副交感神経の興奮を促すことが科学的な実験でわかっています。それをさらに交感神経や副交感神経、副腎の働きを正常に回復させるためのツボに刺激し改善させていきます。
色々と病院を受診し改善が見られず最後にに当院へこられる方も多くいます。治療後、ほとんどの方は
もっと早くから当院に受診していればよかったと言われる方も多くいます。東洋医学では先ほども述べたように不眠症に関して何千年も前から研究され、様々な治療法が受け継がれてきました。


なかなか夜眠れない方でも、鍼灸治療を受けた後は、心が落ち着きリラックスできてきます。中には治療中に自然と気持ち良く眠られるかたも多くいます。当院で治療を受けた日の夜はスーッと眠れましたと言っていただいております。
1~2回の治療ではなく、1週間に1回あるいは2週間に1回など、定期的な治療で、慢性化している方では治療期間も3~6カ月あるいは1年に及ぶこともありますが、当院の患者の80%以上の方は改善が見られています。


最終的に睡眠薬に頼らなくても毎日不安なくぐっすり眠れる身体作りを目指していきましょう。

 

当院では、鍼灸治療いがいにも整体などの補助療法、手技療法を組合わせて治療していきます。自律神経やホルモン、免疫系等を整える事で、ホメオスタシス(生体恒常性)を本来の働きにし、眠りやすい状態にしていきます。  
 

鍼灸整体スタジオ ONのご案内

住      所:
〒053-0833 北海道苫小牧市日新町2-1-35
アクセス:
JR 室蘭本線 糸井駅より徒歩18分
お問い合わせ・ご予約
0144-74-6980
営業時間:
9:0018:00(最終受付17:00
定休日:
水曜日・土曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ