苫小牧市で女性から高い支持を受け、確かな技術と経験で改善する鍼灸整体スタジオ ON

鍼灸整体スタジオ ON


当院の整体

私たち整体がが今までの姿勢教育180度変えます。これが新常識になると確信しています。




本当に背筋を伸ばして、胸を張って腰を立てて
座ることが正しいのでしょうか?



10年以上臨床の現場でたくさん患者さんを見てきました。


私自身も背筋を飛ばして、骨盤を立てて座るように意識していましたし、
そこに疑うことも全くありませんでした。


確かに、背筋を伸ばすような、胸を広げるような整体を行ってよくなる方もいました。


ですが、ヨガやピラティスのインストラクターの方、バレエの先生なども肩こりで来院されるのですが、彼女たちは、当然ながら背筋も伸びているし、胸や肩、股関節もすごい柔らかいんです。

はっきり言ってこの方達にこれ以上胸を広げたり、関節をやわらかくするような手技をしても全く意味ないし、自分でもずっと疑問にはありましたが、今までの常識を疑うことなく、胸を広げるように、関節が柔らかくなるような施術を続けていました。


そんな時、私たちの師である、岡山県の堀和夫先生に出会いました。


□胸は開くより、巻き肩が良い

□猫背が良い、日本人の大半は平背

□日本人に本当の猫背はほとんどいない

腰を立てて座るのは間違ってる

ストレートネックの原因は、胸を張るから

□欧米人からしたら日本人の姿勢の良さは異常に見える

□欧米人には、日本人の年配者のように腰があんなに曲がってる人はいない

□関節自体の可動域を広げるようなストレッチは必要ない



今までの常識と180度違う意見に、衝撃を受けました。

実際にお会いして、お話しを聞いたり、実際に手技の勉強していく中で
やっと本物の理論を持っている方に出会えたと思いました。


この何年間、もともと僕自身は鍼灸師なのでそのプラスに整体も手技として取り入れて試行錯誤やっていたので、たくさんの本や、DVD,セミナーに参加してきました。全部最初は良いのかなと思い、現場でも使うのですが、やはり自分の中で納得できるものはありませんでした。




そんな中で出会ったのが、当院の整体の基本の理論となっている
4DSという理論です

今までの姿勢教育とは180°真逆の理論になります


ですがこの技術で、改善する患者さんが劇的に増えました


この本物の技術、本物の姿勢教育、本物のストレッチを当院で伝えていくことが、我々の使命の一つだと思っています。




では質問です皆さんはどちらの方の姿勢が良く見えますか?


A                                                  B

図1.png図2.jpg


答えは、「A」




ではなく「B」です!


今までの常識や、良い姿勢と言われてるのはAです。
このAの方、真面目な仕事をされている方で、もともと姿勢を子供の頃から背筋を伸ばせと言われ育ってきました。

これは反り腰で背中はストレートになってしまい、結果として頚椎に
前弯もなくなり、慢性的な肩こり、頭痛
を持っていました。



Bの方は、肩こり腰痛全くなしのイタリア人女性です。
一見、背中が丸く、猫背とも取れるのですが
実はこれが理想的な曲線と言えるのです。


ではヨーロッパの方はどういう姿勢教育を受けるのか・・・




姿勢教育なんて「無い」というのが答えです。




日本人の腰を立てたような座り方は異常に見えるみたいです。
僕らってもともと、動物なんです。


なのでその原理原則に従うのが良いはずなんです。


僕は1歳と4歳の娘がいますが、一切姿勢教育なんかしたことありません。



彼女たちの座り方や、体の使い方を見ていれば本当に自然な使い方が分かるし、僕のお手本でもあります。




これだけ肩こり腰痛が多い日本。
本当にただストレス社会というだけで、肩こり、腰痛が多いということはないと思います。


当院では・・・・

□猫背が悪いと思っている方

□慢性的に肩こり、腰痛で悩んでる方

□体の歪みが気になっている

□産前産後のケアを行いたい

□もっとスッキリ眠れるようになりたい

そのような方々が当院の整体を受けられます

是非当院でご来院ください。





私たちが新しい姿勢革命を行っていきます。それがこれからの日本の教育を変えていきます。



本来人間が持っている、動物的なしなやかさ、自然に姿勢、自然な動作を身につけてください。













鍼灸整体スタジオ ONのご案内

住      所:
〒053-0833 北海道苫小牧市日新町2-1-35
アクセス:
JR 室蘭本線 糸井駅より徒歩18分
お問い合わせ・ご予約
0144-74-6980
営業時間:
9:0018:00(最終受付17:00
定休日:
水曜日・土曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ